一般社団法人日本パーソナルブランド協会 > セミナー情報 > 会議ファシリテーターセミナー〈初級編〉

会議ファシリテーターセミナー〈初級編〉

ー 研修講師・リーダー・会議を仕切る立場の皆様へー

会議が変われば、組織の体質が変わり、
体質が変わると行動が変わる。業績向上へとつながる!

会議ファシリテーターセミナー〈初級編〉 

日時:平成29年3月25日(土)10時から16時
講師:釘山健一氏(くぎやま けんいち)・小野寺郷子(おのでら さとこ)
定員:先着20名  
場所:アルファオフィス247(大阪長堀橋) 2階大会議室
         
※PBAセミナールームではありません。ご注意ください。
主催:一般社団法人日本パーソナルブランド協会 

「会議の概念が180度変わった!」と大絶賛の声続出!
会議ファシリテーションの達人!
釘山健一のセミナーを好評に応え、来年も開催!

企業や組織の体質は「会議」に表れる

「会議なんて形式だけだ」
「最後はトップの意見で決定する。スタッフは黙って言うことを聞けばいい」

こういう方に、このセミナーは必要ありません。
でも…あなたが会議を仕切ったとき、以下のようなことが思い当たるなら、もうすこし読み進めてください。

「どうしてもっと意見が出てこないのか」
「意見が出ないので指示を出したら、影でワンマンと呼ばれる」
「提案すると、ネガティブな意見ばかり出る」
「どんなに注意しても、遅れてくる人が必ずいる」
「よく発言するのはいいが、全体のペースを乱しがちなメンバーがいる」
「なかなか予定どおりの時間に終われない」
「時間ばかりかかって、結局まとまらない」

ところで会議に参加するスタッフが、こんなことを言っているのを聞いたことがありませんか。

「意見を言っても、どうせトップの鶴の一声で決まる」
「会議なんて時間のムダ。その時間でどれだけ営業にまわれるか」
「無理難題を押しつけられて、『できない』と言える雰囲気がない」

あなたの会議ではいかがですか。
似たようなことが起こっているなら、ぜひとも続きを読んでください。

多くの企業で、業績が悪くなると会議が増える現象が実際に起こっています。なんとかしようとして会議を開くものの、会議が増えて効率が下がり、さらに業績が悪化という悪循環に陥るのです。

一方、業績が伸びている企業や成長している組織の会議には活気があります。
つまり、会議にはその企業や組織の業績や体質が表れているのです。

従業員にとって「会議」は会社で最も退屈な時間

自分に直接関係のない議題や報告、発表は退屈そのもの。会議中にスマホをチラチラ見ている従業員やスタッフもいます。
主催者にとってはとんでもないことですが、なぜ、こんなことが起こるのでしょう。

その原因は、会議を仕切る人をはじめ参加する人たちが、決定的な思い違いをしていることにあります。

その思い違いとはなにか。

「会議」をGoogle検索すると、「関係者が集まって(一定の手続きにのっとり)議題について意見を出し、相談すること。その会合。「編集―」。また、その機関。」と出てきます。

そう、会議とは「意見を出し、相談する」場だと、多くの人は捉えているのです。

今回の講師である会議ファシリテーター普及協会(MFA)代表の釘山健一先生は、そこに疑問を投げかけます。

じつは、会議とは「人の意見を聴き合う場」なのです。

聴き合う雰囲気をいかに創るか。それを行うのが会議ファシリテーターの役目であり、このセミナーで学ぶスキルです。

ファシリテーションスキルを身につけると、会議はこう変わる

本質と目的を理解していないと、会議に費やす多くの時間がムダになってしまいます。

あなたに心当たりはないですか?
あなたの所属している組織や会社はどうですか?

あなた自身が、ムダな会議を行っているとしたら…

もし少しでも心当たりがあれば、会議のあり方、やり方を見直してみてはどうでしょう?

ファシリテーションスキルを身につけることによって、
・会議に参加する一人
ひとりが主体的に発言するようになる
・創造性をフルに発揮できる
・関わるすべての人が笑顔になる
・やりがいを感じられる
そんな会議の進め方、取りまとめができるようになります。

このセミナーの最大の特長は、釘山先生と小野寺先生が本物の会議ファシリテーションのテクニックを実際にいくつも見せてくれるところ。
さらに、それらを受講生に繰り返し繰り返し実践させてくれるところです。

参加者の心を瞬時に掴み、場を一つにまとめる技術は抜群です。
一人ひとりを
主役にし、本来なら「つまらない」と思うであろう議題を「楽しい」「やってみよう」と思わせる話し方、場の巻き込み方などは、本を読むだけでは体感できません。

自転車の乗り方を本で学ぶ人がいないように、会議ファシリテーションスキルの習得も本では学ぶことはできないのです。
一流の会議ファシリテーションスキルをライブで見て、感じて、気づいてください。
実践を繰り返し習得して帰ってください。

一度、その方法を知れば、真似すれば誰でもできるようになります
この再現性の高さがポイントです。

正しい方法を知って、アクションを起こせば、会議は必ず変わります。

あなたが会議を仕切る立場なら、組織を変えるより会議を変えるほうが簡単です。
会議を変えることで、組織を変えることができます。

会議を変えることで、取引先やクライアントとの関係性を変えることもできます。
結果として、業績アップにもつながるでしょう。

また、会議を仕切るより参加する機会が多い方は、セミナーで学んだことを伝えて、所属する会議を変えていけばいいのです。あなた自身が会議を変えることで、もっと働きやすい、楽しい職場や組織に変えることもできるでしょう。

受講生の声

「本当に目からウロコの連続。想像以上にためになる内容で、ぜひもっと多くの人に聞いてもらいたいと思いました。今まで参加したなかで、一番楽しい講演でした」
「『非常識な会議』ということの意味がわかりました。確かに、会議を変えるには今までの会議の常識をまずは壊さないといけないことがわかりました」
「とても楽しく、あっという間でした。ファシリテーションをずいぶん難しく考えてしまっていたなぁ…と思わされました。もっと時間をかけてじっくりと聞きたかった
「実際にミーティングで使ったら、びっくりするほど意見が出ました。とくにこれまであまり発言しなかった人から、たくさん意見が出ました。結果的に参加者全体の満足度が上がりました」

参加対象者

・会議でとりまとめや進行をする役割の方
・顧問先に出向いて会議を進行する必要のあるコンサルタント
・受講生の自主性、創造性を引き出す必要がある研修講師
・効果的で創造的な会議を望む管理職の方
・プロジェクトやワークグループのリーダー
・地域やコミュニティのリーダー
・10人以下の中小企業の社長
・型破りなセミナーに関心がある講師etc

セミナー内容

・理想の会議の体験
・会議ファシリテーターとは?
・会議をだめにする言葉
・全員発言させる8つの方法
・時間を守らせる3つの方法
・ファシリテーターの話し方etc.

講師プロフィール

kugiyama

会議の達人 
釘山健一(くぎやま けんいち)

会議ファシリテーター普及協会(MFA) 代表
学習方法の開発に情熱を燃やし続けた熱血教師時代。ベンチャー企業の営業部長として猛烈に働いたサラリーマン時代。その後、環境NPOのスタッフとして数多くの「協働事業」に関わり、2005年には「愛・地球博」におけるEXPOエコマネー事業の事務局長となる。

この3つのキャリアの中で培ってきた会議の仕方について独自のノウハウを確立し、2006年4月「会議ファシリテーター普及協会(MFA)」を立ち上げる。その講座は、具体的で、決して眠くならないと大好評を得ている。年間約100本の実績。

【著書】「もっとすごい!非常識な会議」 ソフトバンククリエイティブ
「会議ファシリテーションの基本がイチから身につく本」 すばる舎 ほか多数

kaigi

【執筆】 日経ビジネスアソシエイツ2007年8月号「静岡県の動く会議」
日本実業出版社「ザッツ営業」営業会議が眠い!
月間ガバナンス2007年9月号「開かれた行政は、楽しい会議が創る」

【講座実績】 中部電力 静岡銀行 トーエネック 日本ガス 高知商工会議所
三菱UFJリサーチ&コンサルティング リンナイ JOMO
同友会 中部産業連盟 大垣青年重役員会 各地青年会議所
浅井経営 消費者連盟 岐阜県庁 小倉 豊田市 名城大学
岐阜経済大学 浜松学院大学 岡崎市 静岡市 牧之原市 半田市
掛川市 岡山県 倉敷市 仙台市 安城市 新城市 松阪市
工務店研修 環境学習指導員研修 若鯱会 あいち国際交流協会
男女共同参画財団 ほか多数 


onodera小野寺郷子(おのでら さとこ)

会議ファシリテーター普及協会(MFA) 副代表
愛知県生まれ。静岡市在住。
1988
年から 2 年間のアメリカ生活で出会った市民活動が市民活動の原点となる。1994 年、家庭を持つ女性が社会に目を向けるために学習するグループ「ヒューマンウェーブ」を設立。その後、消費者問題、環境問題、教育問題などの多様な市民活動に関わる。現在は NPO のあり方やその中間支援活動にも取り組んでいる(2004 年~NPO 中間支援組織「しずおか NPO 市民会議」代表)。環境、教育、まちづくり、企業の組織改革など多くの現場実績をもつ。静岡県においては行政や企業が重要な会議を開催するときに呼ばれることが多く、静岡市の事業仕分けの委員長を務める。現在は「会議ファシリテーター普及協会」の副代表として、代表の釘山健一と共に年間100本以上の講演・講座・現場をこなしている。

最後に、主催者から

釘山さんとの出会いは、セミナーコンテスト名古屋のコメンテーターとして参加して頂いたのがはじまりでした。正直、衝撃でした。これまでたくさんのプロ講師とお会いしてきましたが別格でした。場のつくり方が、半端なく上手いのです。場を作るだけでなく、長時間にわたり場をコントロールされている。しかも、笑いまでとれる。本物のファシリテーターとは、まさに釘山さんのことだと思います。受講される方には、まず、生で見て欲しいのです。本物のファシリテーションがどういったものか。テーマは「会議」ではありますが、釘山さんから学んでいただきたいことは、ファシリテーションスキルです。ファシリテーションスキルを使って会議をどうマネジメントするか、そのノウハウの数々を我々に出し惜しむことなく伝授してくださいます。会議を仕切る立場の人はもちろんですが、会場一体型の研修やセミナーを目指している講師の皆さんも必見です。この機会をお見逃しなく。

一般社団法人日本パーソナルブランド協会
代表理事 立石剛

 

 詳 細 

日 時 平成29年3月25日(土)10時〜16時
場 所

アルファオフィス247(大阪長堀橋)

■電車でお越しの場合

地下鉄御堂筋線で「心斎橋駅」6番出口より徒歩7分

地下鉄長堀鶴見緑地線・地下鉄堺筋線
 「長堀橋駅」6番出口から徒歩3分

 ※所要時間は乗換時間等を含んでおりません。

住所/〒542-0082 大阪市中央区島之内1-13-28 
          ユラヌス21ビル  
             アルファオフィス247 2階大会議室
 

定 員 先着20名 
受講料

セミナー受講料:32,400円(税込)
(再受講:10,800円(税込))

懇親会参加費:5,000円(税込)

 

※受講料のお支払いについて

お申込後7日以内に弊社指定銀行口座にお振込み頂きますよう宜しくお願いします。懇親会に参加される方は、懇親会参加費も併せてお振込みください。

主 催  
主催 一般社団法人日本パーソナルブランド協会
    有限会社ブランドファクトリー
申込み方法

 
セミナーのお申込はこちら

※人気講座のため、すぐに満席になることが予想されます。
お早めにお申し込みされることをおすすめします。

 

Share on Facebook